HOLLOWTECH II テクノロジー

Hollowtech2_log.jpg

剛性と軽量性の高次元バランス、そして優れた回転性能

ライダーのパワーをすべて推進力に変換するために、あらゆる角度から最も優れたクランクセットを追求する———————

HOLLOWTECH II テクノロジーのコンセプトです。

クランク部の剛性はペダリング効率に大きく関わっています。また、長距離になればなるほど回転数が増加するため、クランク部の軽さはとくに重要な要素になっています。そして、当然ながら、剛性と軽量性はつねに相反する要素であり、長きにわたってその最適のバランスが問われてきました。

クランクアームを独自の鍛造技術で中空にし、必要な剛性を保ちながら軽量化を図ったHOLLOWTECH。

そしてHOLLOWTECH II では、BB(ボトムブラケット)軸を一体構造とし、クランク部全体の剛性と軽量性のさらなる高次元バランスを実現。左右のベアリング幅が広がり、BBシャフトのたわみを抑制、安定性が得られ、ペダリング力を高効率に伝達します。

まさに、剛性、軽量性、回転性能のベストバランスを細部にわたって追求し、開発されたのがHOLLOWTECH II クランクセットです。

 

Hollowtech2_image.jpg

Hollowtech2_24mm.jpg

 

24mm軸・ベアリングの採用

ホローテック II クランクにおいて24mm径のボトムブラケット軸・ベアリングを選択したのはなぜか?

その開発にあたってボトムブラケット軸、ベアリング径は最も大きなポイントでもありました。ボトムブラケット軸部は剛性、強度、重量、回転性能など、他の箇所に比べて多くの要素が関わっているからです。

 

クランクセット全体のバランスが大切

また、クランクセット全体として見た場合、クランクアームの剛性、軸の剛性、ベアリングの位置、などトータルなバランスが大事である。

設計は折れてしまうことを防ぐために、このトータルバランスを考慮しながら行われます。

 

ベアリング間距離が広い

ホ現行フレームのボトムブラケットシェル幅68mmの中で、24mm軸のホローテック II では、ベアリングの位置を外側に出すことが可能。より適切な荷重の分配が得られ、より優れたペダリングの安定感が得られます。

Hollowtech2_bearing.jpg

Hollowtech2_sealing.jpg

 

高精度シーリング高精度シーリング

また、ホローテック II クランクセットではベアリング部の高精度なシールを施し、耐久性を向上させ、優れた回転性能を長く維持します。

 

24mm軸・ベアリングが、クランクの最適なバランスをつくる

以上のような点を検証したのち、シマノでは、24mmBB軸及びベアリングを採用することとしました。ホローテック II クランクセットにあ リングを採用することとしました。ホローテック II クランクセットにあって最適なバランスが得られると考えたからです。

また、軸部についてのみ検証しましたが、クランクアームやギア部も含めたクランクセット全体となれば、ホローテック II の剛性、軽量性、回転性能のバランスの良さは、さらに明白なものとなります。